スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理 計算

債務整理 計算

過払い金というのはそもそもどういったお金のことを言うのか?簡単に言うと払いすぎてしまった利息のことですね。

闇金とかでは無い法令遵守している消費者金融で借り入れたお金の利息で、払いすぎているということなんてあるの??

この払いすぎてしまった利息は、利息制限法(15~20%)出資法(29.2%)の金利差によるものです。消費者金融は出資法は守らないと刑事罰の対象となってしまいますが、利息制限法は、設定されている利息以上の利息が無効となるだけで法的な処罰の対象とはならないので、消費者金融は出資法の金利を守って利息制限法の金利は守らないところが多いのです。この金利差のことを一般的にグレーゾーンと呼んでいます。

当然、上限金利の高い出資法のほうが借金の返済額は多くなります。簡単に計算してみましょう。

消費者金融から50万円を借りたとします。

出資法で計算すると、

50万円×29.2%14万6,000円

となり、1年間で14万6,000円の利息となります。

一方、利息制限法で計算すると、

50万円×18%9万円

となり、1年間の利息は9万円です。この時点ですでに5万6,000円(14万6,000円-9万円)の過払い金が生じています。

過払い金の計算は、今まで支払ってきた返済額、金利を見て、それを利息制限法で引き直し計算することで算出が出来ます。

借入先の消費者金融などから取引履歴の開示請求をすると、簡単に自分でも計算出来ます。申し込んだ時の、契約書や領収書などを保管している人はそれを見てみてもよいでしょう。もう契約書とかどっかいってしまった、という方でも借入先に取引履歴の開示をお願いすることで、保管している自分の顧客情報ですので、本人が見ることが出来ます。
顧客の取引状況がわからない、もしくは無い、などといったことはまずありえないでしょう。もしそうなら大問題です。開示してもらったら、自分が払いすぎているかどうか計算してみましょう。

通常は司法書士や法律事務所に過払金請求をお願いするのが一番です。自分で請求手続きもやろうと思えば出来ますが、とんでもない知識と時間が必要でしょう。

司法書士・法律事務所一覧

【利息制限法の金利】
10万円未満年20%
10万円以上~100万円未満年18%
100万円以上~年15%


↑の表は、利息上限法で設定された上限金額なのですが、これ以上の利息を払っているようなら過払い金請求で回収することが出来ます。更に簡単に言うと、20%以上の金利で5年以上借り入れをしている方は、払いすぎている可能性が非常に高いので、相談した方が良いでしょう。

法律事務所・司法書士一覧

債務整理 任意整理 過払い金 比較ラボ

こちらのサイトで、目的別の欄から「過払い金請求・債務整理」を選択すると、法律事務所や司法書士が一覧で出てきます。
こちらで掲載されているところは、どこも無料相談を承っているので、まずは一度相談してみると良いでしょう。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。